害虫駆除,殺虫剤,虫退治,消臭剤,洗浄剤のご相談は当社へ

バルサンPジェットa  [業務用燻煙殺虫剤 第2類医薬品]

バルサンPジェットa 商品画像 [第2類医薬品、害虫駆除、退治、対策、燻煙、ゴキブリ、ダニ、南京虫、トコジラミ]

ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)に殺虫効果の高い、強い煙のくん煙殺虫剤

製 品 名 バルサンPジェットa
有効成分 ペルメトリン … 5.0%
その他の
成 分
[添加物として] アゾジカルボンアミド、低級ニトロセルロース、酸化亜鉛、ヒプロメロース、ソルビタン低脂肪エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、青色1号、クレー、香料、ベンジルアルコール、エタノール
剤  型 くん煙剤
適用害虫 ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ハエ成虫、蚊成虫
区  分 第2類医薬品
広告文責 株式会社イーライフ  [TEL] 072-922-2487
[薬剤師] 田中孝江
販 売 元 ライオン株式会社

☞ バルサンPジェットa 120g

価格: ¥ 2,106(税込) 

☞ バルサンPジェットa 240g

価格: ¥ 3,510(税込) 

☞ バルサンPジェットa 480g

価格: ¥ 6,858(税込) 

蚊駆除をお考えの方はご確認ください

製品について

【本剤の特徴】

  • ミクロの粒子の追い詰め効果。
    煙の粒子の細かさ約1μm。すみずみに隠れた害虫も駆除します。
  • 煙の噴出力が強い。
    殺虫成分の拡散力が強くなるように設計しました。
    とくに広いスペース、高い天井、すきまの多い部屋におすすめします。
  • 簡単にご使用になれます。
    缶のフタについているスリ板でこするだけ。面倒な操作がいりません。
    また、使用後に不快臭が残りません。

【効 能】

  • ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ハエ成虫、蚊成虫の駆除

使用について

【使用量】

適用害虫 部屋の広さと使用筒数
ゴキブリ、イエダニ、ノミ
トコジラミ(ナンキンムシ)
120g … 100~133 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約33 ㎡ (10坪)~44 ㎡ (13坪)]
240g … 200~267 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約67 ㎡ (20坪)~89 ㎡ (27坪)]
480g … 400~533 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約133 ㎡ (40坪)~178 ㎡ (54坪)]
ハエ成虫
蚊成虫
120g … 200~400 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約67 ㎡ (20坪)~133 ㎡ (40坪)]
240g … 400~800 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約133 ㎡ (40坪)~267 ㎡ (81坪)]
480g … 800~1600 ㎥ に1筒 [高さ3mとして約267 ㎡ (81坪)~533 ㎡ (161坪)]

【使用方法】

  • 部屋の窓や換気口を閉め、害虫のかくれ場所になるところは、できるだけ開放してください。
  • 部屋のほぼ中央の平らな床面に灰皿など耐熱性の容器を置き、その中で使用してください。
  • フタの側面についているスリ板で容器中央のヘッドをこすってください。(他の方法では始動しないでください。)
    数秒後に白煙を吹き出しはじめます。
  • 煙が出はじめたら直ちに部屋の外に出て扉を閉めてください。
    ゴキブリやイエダニなど匍匐性害虫の駆除には2~3時間、ハエや蚊など飛翔性害虫には30~60分間、
    そのまま閉めきってください。

使用上の注意

【してはいけないこと】 (守らないと副作用・事故などが起こりやすくなる)

  • 煙を吸い込まないように注意すること。
  • 魚類、蚕のいる所では使用しないこと。
  • 引火性危険物(ガス、ガソリン、シンナーなど)の近くでは使用しないこと。
  • 本剤とエアゾール製品を同じ部屋で同時に使用しないこと。

【相談すること】

  • 煙を吸って、万一身体に異常を感じたときは、できるだけ添付文書を持って、直ちに本品がピレスロイド系(成分名:ペルメトリン)の殺虫剤であることを医師に告げて診察を受けること。
  • 今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことのある人は、使用前に医師又は薬剤師に相談すること。

【その他の注意】

  • 定められた使用方法及び使用量を厳守すること。
  • 引火性危険物(ガス、ガソリン、シンナーなど)が近くに無いことを確認して使用すること。
  • 薬剤が皮膚に付いたときは、石鹸でよく洗い、直ちに水でよく洗い流すこと。
  • 煙を感知するタイプの火災警報器・火災報知器、微粒子を感知するタイプのガス警報器は、反応することがある。特に直下では使用しないこと。警報器に覆いなどをした場合には、絶対にとり忘れないようにして、必ず元に戻すこと。
  • 煙が出はじめたら部屋の外へ出ること。缶が熱くなっていますから、直接手を触れないこと。
  • 所定時間部屋を閉めきった後、十分に換気してから中に入ること。
  • 食品、食器、おもちゃ、飼料、寝具、衣類、貴金属、仏壇仏具、美術工芸品、楽器、はく製、光学機器などはあらかじめ他に移すか、ビニールシートや新聞紙などでカバーをし、直接煙が触れないようにすること。ペット類、観賞魚、植物は部屋の外へ出すこと。
  • 精密機器(パソコン、オーディオ製品、ゲーム機など)にはビニールシートや新聞紙などでカバーをし、テープ、ディスクなどは直接煙に触れると、稀に障害を起こすことがあるので専用ケースに収納すること。
  • 紙、衣類、寝具類、ポリ袋やプラスチック製品などが使用中の本品に覆いかぶさると変色や熱変性を起こすので、必ず届かない所に移して本品を使用すること。
  • 銅、シンチュウ、亜鉛メッキ、銀メッキ製のものは変色することがあるので、覆いをするか部屋の外へ出すこと。
  • 新築・リフォーム時、壁紙がよく乾いていないときに使用すると、稀に変色する恐れがあるため、十分に乾いてから使用すること。 また、壁、襖、カーテンなどが変色する原因となるので、用法、用量を守ること。
  • 火事と間違われないように、近所にくん煙中であることを伝言すること。大規模な駆除や夜間に行う場合は、消防署に連絡すること。
  • 食品の触れる可能性のある機械、作業台などには直接煙が触れないようカバーなどを施すこと。
    食器などに煙がかかった場合は、水でよく洗ってから使用すること。 また、衣類や寝具に煙がかかった場合は、天日干しした後ブラッシングをすること

【保管及び取扱い上の注意】

  • 火気や直射日光及び湿気をさけ、小児の手の届かない涼しい所に保管すること。
  • 使用後の容器は小児が触れないようにし、燃えないゴミとして処分すること。河川、池などには捨てないこと。