カメムシ対策・害虫駆除は「@快適クラブ.net」にお任せ下さい!業務用殺虫剤、スプレー、虫よけ剤等を販売しております。

カメムシ駆除の方法と生態

カメムシの最大の被害は悪臭でしょう。この悪臭成分を手につけたまま目をこすると眼炎を起こす事もあるので注意が必要です。
また屋内に侵入したカメムシは暖房を使い始めると家屋内で活動を始めるので、寝具に潜り込んだり洗濯物に付着し、悪臭を放ちます。 浴槽にでも落ちたら臭くて入浴できなくなるほどで、山間部の温泉旅館やホテルなどのカメムシによる被害は深刻です。
カメムシ対策商品の販売はこちら

カメムシ駆除のポイント

予防の方法

発生源が屋外の樹木や草原で広範囲に生息しているため、発生源対策は難しいです。
発生源が特定出来れば、動力噴霧器など強力な噴霧器で対象場所に カメムシ用キンチョール(水性)カメムシ・クモスプレーを噴霧すれば効果的です。

越冬のための屋内への侵入防止には、カメムシ退治プラス忌避防除剤 を残留噴霧・塗布するか、 忌避剤入りの カメムシ・クモスプレー を窓枠や床下の通風孔、天窓など隙間にスプレーしておけば、 その場所からの侵入は防げます。(2~3週間ごとに処理してください。)
しかし、実際は 2~ 3mmの隙間があればどこからでも侵入しますので、完全な侵入防止は困難です。

殺虫剤での駆除・予防と共に、天然成分使用のカメムシ忌避剤 カメムシいやよー を吊り下げれば更に効果的です。
「窓ガラス専用の殺虫剤 業務用PGガ-ド」 もあります。どうぞご覧下さい。

※ カメムシは殺虫剤に対して強い抵抗力を持っています。 残留塗布した場所に止まっていても、すぐに死ぬわけではありません。 数十分から数時間かかる場合もあります。

駆除の方法

カメムシが屋内に侵入するのは基本的には越冬のためなので、秋が非常に多いです。
屋内に侵入されてしまったら、旅館などの広い場所であれば エクスミン水性乳剤噴霧器で天井裏や床下に噴霧すれば、追い出し仰天効果(目に付くところへ出てきてひっくり返る)があります。 ただし、これは完全に死んでいるとは限りませんので、ひっくり返ったカメムシを集めて袋に入れ、きちんと封をして埋めるなどして下さい。

※ 死んでいても結局は死骸を集めて処分しなければならないので、ひっくり返って意識のないものを集めて処理するのも同じ事です。

▲TOPに戻る

カメムシの生態

カメムシ類は暖かい時期は屋外に生息しています。家屋内に侵入するのは越冬のためなので、暖かい地方では問題は起きません。 カメムシがどのような場所を好み侵入してくるのかはっきりは分かっていませんが、建物の前面が開けており、後面が林などにおおわれている場所に多いようです。

飛来侵入は一時に起こる様であり、気温20度を超えた晴れた日に起きます。 カメムシは種類が多く、様々な植物につき食害する種もいるので農業害虫としても問題になっているものもあります。

▲TOPに戻る

カメムシ対策商品の販売はこちら